2017年9月21日木曜日

俳句基礎講座 ①

9月16日(土)
29年度俳句基礎講座開講しました




講師は白濱一羊(しらはまいちよう)先生です。
岩手県在住で俳誌『樹氷』の主催
県の俳人協会会長、俳句連盟副会長、
NHK文化センターの講師などもされています。








高校生から熟練の方々まで
今年は29名のお申し込みがありました。
ありがとうございます!






初回とあってみなさん最初は
少し緊張気味で講義を受けていましたが
「俳句の “俳” の字には滑稽なという意味もあるんですよ」
とのお話に「ほー」と頷き
ときにユーモアを交えた先生のお話を
熱心に聞き入っていました。






次回は9月23日(土)
2階会議室で開催します!
お気をつけてお越しください。


sat






2017年9月14日木曜日

追悼 藤富保男先生

9月1日、
詩人の藤富保男先生が亡くなりました。
 
「ヴィジュアル・ポエトリィの第一人者」
「ことばの魔術師」
 
きわめて独創的な世界を構築し、
世界的に高く評価された詩人でした。
  
当館では設立発起人として、
開館前から大きなご尽力をいただきました。
その一端を写真によりご紹介します。
 
 
 
スポーツと詩歌 展(1999)
ポスター原画
 
 
 
日独ヴィジュアル・ポエトリィ 展
オープニングイベントにおけるパフォーマンス(1999.9.4)
左・高橋昭八郎氏
 
同上
前夜祭(展勝地レストハウスにて/9.3)
 
 
 
 パフォーマンス・ポエトリィ北上(2006.10.15)
 
同上
右・伊藤元之氏
中・高橋昭八郎氏
 
 
 
 藤富保男線描展・詩の姿
 
同上
オープニングイベント(2009.3.14)
 
 
 
詩歌と音のプリズム 展 (現在開催中)
ポスター原画と図録エッセイ
 
 
 
ご生前のお力添えに改めて感謝し、
謹んでご冥福をお祈り申しあげます。
 
toy

2017年9月10日日曜日

短歌入門講座 第二回

 
9月9日(土)
短歌入門講座の第2回目が行われました。
 
前回出された宿題①を
誰の歌かは伏せて
よかったところ( ◠‿◠ )
もっとこうしたほうがいいのでは(´-`*)
受講生のみなさんに
付箋で貼ってもらいました。
 
お題は「風」
  
 歌会
 
1首ずつみなさんの意見を聞き
先生がていねいに添削してくれます。
つづいては、宿題②の自由詠を。
前半の付箋のスタイルではなく
先生の指名を受けた人が感想や意見を発言します。
 
 
 
日常のなかであるあるの共感できる作品や、
初心者とは思えないようなものまでありました。
 
先生より今回も宿題が出されました。
次回はどんな歌が発表されるのか…たのしみです🌼
  
 
                                                                                               a-a
 
 
 


2017年8月30日水曜日

詩歌の森の季語さがし⑮

 
一昨日、月曜日の詩歌の森公園。
強い陽射しでしたが、
涼しい風からは秋の気配も感じました。
 
 
図書館の方へ歩を進めると・・・
 
 
美しい紅色が目に入りました。
夏の季語「百日紅(さるすべり)」です。
滑らかな幹のようすから
「さるすべり」と呼ばれます。
 
夏から九月末ごろまでの
長い花期にちなんだ名前で、
「ひゃくじつこう」と呼ばれることもあります。
 
 
枝の先に小さな花が集まって咲いています。
濃い花の色と、
この日の空の薄い青色が
互いの美しさを引き立てているようでした。
 

 
咲き満ちて天の簪百日紅 阿部みどり女
 
*『石蕗』(1982年、駒草発行所)
 
H.H


2017年8月27日日曜日

短歌入門講座 第1回

 
8月26日(土) 
短歌入門講座の第1回が行われました。
 
 
講師は宮城県気仙沼市出身、
高校(国語科)の教員でもある
歌人の梶原さい子先生です
 
 
短歌
ハードルが高い
堅苦しい
はじめての人にはそんなイメージかもしれませんが
 
例 「信号の赤に対(むか)いて自動車は次々止まる前から順に」(奥村晃作) 
 
日常の中に
 何気なくあることを
57577にするだけ、と先生。
 
そんなの、わかってる。と思いますが

先生のお話を聞いていると
遠い存在に見ていた短歌が
不思議と身近に感じられてきます。((マジック))
 


短歌を作る方法の一つで
イメージをふくらませる。
お題「水」からの連想ゲームをして
さっそく短歌を作ってみました!

みんなで鑑賞しあい歌会の始まり♪
 
”からのスタートが 
それぞれ違うキラキラな作品になり
先生は受講生のみなさんを
とても褒めておられました。
 
 
 次は
提示された上句(575)に
下句(77)を付けていくという付句を学び
あっという間の2時間が終了です!
 
最後に先生から宿題が出されましたね✐
次回9月9日
お気を付けておこしください( ◠‿◠ ) 
 
 
 
                                                                              a-a
 
 
 
 
 
 
 
 


2017年8月16日水曜日

こどもの詩のワークショップ② (スイカ割り編)

こどもの詩のワークショップ①につづき、
2日目に行われたスイカ割りがとても盛り上がったので
その様子を♪

休憩の時間を使って
毎年スイカ割りをしています(^^)

低学年の子たちはなかなか割れません・・ 「がんばれ~!」

「こっちじゃないよ~」

「そのまま真っ直ぐーー!」
 
「少し割れた~~!」 「やったー!」
 
2回戦目! じゃんけんで順番を決めます
 
最後はやっぱり6年生☆ 頼もしいです(^^)
 
「うまいっ!」 「甘いっ!」
 
「おいしいね(´-`*) 」
 
 
 今年は少し肌寒かったですが・・
 
とても楽しいひとときでした♪
 
ワークショップで作ったみなさんの作品は
館内に展示する予定です。
 
2日間お疲れ様でした!!
 
来年もぜひ参加してくださいね(^^)/
 
 
 
                                                                     ma-w
 


2017年8月13日日曜日

お盆です

例年より涼しげなお盆です。
文学館はいつも通り開館しています。
 
 
夏休みに入り、
詩歌の森公園には
またモンスターが現れたようで、
昨日まで駐車場も満車状態でしたが、
今日は公園も駐車場も
閑 ・・・・・・・・ 散
としています。
 









モンスターもお盆休みでしょうか。
 
T2